今町・中之島 大凧合戦〜GIANT KITE WAR -Imamachi vs Nakanoshima- 
『上新田 神楽組』 公式サイト"KAMISHINDEN KAGURA" Official site〜

更新情報 NEWS

2020.5.6
日本語文を翻訳。力尽きた…。I'm tired, so I leave it to Google Translate.


2020.5.1
ウェブサイトのリニューアル。


2020.4.7
令和二年度大凧合戦について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今年の開催は中止します。


大凧合戦紹介 What's GIANT KITE WAR?

概要 About

大凧合戦は刈谷田川両岸から揚げた大凧を絡め、どちらか一方の糸が切れるまで引き合い勝敗を決する合戦です。
右岸の見附市今町の6組と、左岸の長岡市中之島の5組に分かれて行い、勝ったほうが相手の凧を戦利品として獲得できます。
毎年6月の第一土曜日から三日間開催されます。

GIANT KITE WAR is a very crazy festival.
Make two kites fight until the thread breaks in the air from both banks of the Kariyata River.The winning team receives the opponent's kite.
It is held for three days every year from the first Saturday of June.


起源 Origin

起源は三百数十年程前。信濃の紙商人が端午の節句に刈谷田川堤防にて大凧を作り、大空に揚げたのが始まりとされています。
その後、江戸時代の天明3年雨季に度々決壊した刈谷田川の改修で、堤防を踏み固める一策として行われた凧揚げが年間行事となり今に至ります。

Origin is about 360 years ago,It is said that in early May, Shinano paper merchants flew large kites on the banks of the Kariyata River.
In 1783, flew a kite in an operation to tread on a river embankment that would repeatedly collapse due to heavy rain.
The event became an annual event.


六角大凧 GIANT HEXAGON KITE

六角大凧は、美濃紙100枚分の大きさで、縦4.3メートル、横3.2メートル。畳約九畳分という巨大なものになります。
武者絵や美人画などが主な絵柄でしたが、近年ではアニメキャラクターやマスコットなどが描かれた色とりどりの大凧が大空を舞い、空中戦を繰り広げます。

The giant hexagonal kite is huge.
It will be a huge 4.3 meters long and 3.2 meters wide.
he main designs were samurai and ukiyoe of beautiful women, but in recent years, the designs of anime characters and mascots have also increased.


空中戦 Air combat

大凧合戦の醍醐味が空中戦です!
両岸から互いに大凧を上げ、上空で操り、巧みな技で二重三重に糸を絡めます。あとはキャラと呼ばれる滑車に糸をかけ、組長の笛の合図で糸が切れるまで引き合います。

The highlight of giant kite battle is the air combat! Very crazy!
Manipulating a large kite in the air, with a skillful technique, twist entangle the threads.
Thread the pulley and pull until it breaks.


地絡め Ground combat

地絡めは、風が強すぎて中断された時や、無風状態の時のための合戦方法です。
地上で空中戦同様に糸を絡ませキャラにかけます。中央に居る旗持ちの合図で一気に引き合います。決着は糸が切れるまで行います。

Ground combat is a method of fighting when the wind is too strong and interrupted, or when there is no wind.
Engage the two threads and hang it on the pulley.Tug of war with the "flagger" signal.
It is until the thread is broken that the win or loss is decided.